読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shioema手帳 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

目標100記事。自身の体験を中心に子育てに関する情報を発信します。関東在住。現在4歳女児・0歳男児の母。

【絵本】『おむすびころりん』2歳から楽しめるむかしばなし

レビュー 絵本 絵本(2歳) 絵本(3歳) 絵本(4歳~) 絵本(4歳) 読書記録

こんにちは。

二児の母shioemaです。今日も読み聞かせの絵本をご紹介!

 

どんな話か覚えていますか?『おむすびころりん』

おむすびころりん (松谷みよ子むかしむかし)

童心社公式サイトより】

松谷みよ子 文/長野ヒデ子

むかし、ばあさまがじいさまへおむすびとどけに山をのぼった。ところが、足をすべらしてねえ…。長野ヒデ子の元気でかわいい絵も魅力。

  • 定価1,188円 (本体1,100円+税)
  • 判型:B5変型判/サイズ:25×19.2cm
  • 頁数:32頁
  • 対象:3歳~

 http://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494002450

 

子どもが2歳8か月のときに読んだ作品で、初めての”むかしばなし”。

むかしばなしは読んであげたいけれど、意外と長いものが多い。

なので、まだ早いかなぁと思っていました。

 

 

ところが、娘のほうからこれ読んでとチョイスしてきたので、読むことに。

それまで読んでいたものに比べ、文章もやや多い・・・

絵も、なんか地味目だし・・・・大丈夫かな?

てゆうか、私自身

「『おむすびころりん』って面白かったっけ?全然記憶ないけど」状態。

 

 

まぁ、図書館で借りるし、読まなくてもいいや・・・と思いきや。

 

 

めっちゃはまる。

 

 

おむすびが穴に入るたび、娘も大喜び。

 

こんな地味な(失礼)作品が2歳児のハートをつかむとは!!!

 

 

いやはや~~~

色んな絵本を読んできましたが、

大人になってから読む、むかし話は荒唐無稽すぎてたまげます。(笑)

 

ねずみが地下でお餅をついている状況も(?)だし

ねずみのお餅が小判になるのも(?)、

悪いばあ様が猫の鳴きまねをするとモグラになるのも(?)。

 

言い出したらきりがないのですが、「なんで?」の連続でした。

 

しかし、いちばん「なんで?」と思ったのは、

 

普段、「なんで?」「どうして?」を連発しまくる娘が、

この物語に一度も「なんで?」と突っ込まなかったことですね。

 

そこはスルーなんかい!と。

 

 

 

『おむすびころりん』(松谷みよ子作)の魅力

てなわけで、いまさらながら絵本『おむすびころりん』の面白さをご紹介♪

コメントゴム印(先生スタンプ) 64 あっぱれ(おむすび)

「おむすびころりんすっとんとん♪」の歌がとにかく面白い

いわば劇中歌であるこのフレーズ。一度聴いたら耳から離れません。意味不明だけどなんだか楽しい響きです。即効真似て、このシーンに来たら一緒に歌いました。

方言が新鮮

「~へとどけにいったと」、「よっぽどねこがこわいだな」、「たまげた」などの、方言や昔の話し方が新鮮。いつもの絵本となんか違う、面白さを感じたのかもしれません。

語りかけるような本文

↑とも重複しますが。本文は話し言葉で書かれているので、語り掛けるように読めるのです。読み手も、自然と感情をこめて話せるから、臨場感もアップするんじゃって。

そりゃもう、わらしはえれぇよろこぶんじゃと。

 

主人公が婆さま

そしてもうひとつ。

本作品の特徴があります。それは

 

ねずみの国に行くのが、

 

婆さまであること。

 

もうお忘れの方も多いと思いますが、普通、おむすびころりんは、ねずみの国へいくのはじい様なんです。しかし、大分、熊本、福岡、広島、鳥取あたりでは、ばあ様が行くと伝わってきたそうです。この本の作者である松谷みよ子氏は、民話研究を長年やってきた先生。

(超ベストセラーいないいないばあ の作者)

 

きっと、この地方にのみ伝わってきた特別な『おむすびころりん』を残そうということで、ばあ様バージョン(略して婆ジョン、なんちゃって)にしたのではないかなと思います。あ、これ言いたかっただけですー。

今日はおしまい。

 

 

アマゾンはこちら

おむすびころりん (松谷みよ子むかしむかし)

おむすびころりん (松谷みよ子むかしむかし)

 

 楽天はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おむすびころりん [ 松谷みよ子 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/2/10時点)


 

読み聞かせノートより 

f:id:mothersnote:20170210041641j:image