読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shioema手帳 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

目標100記事。自身の体験を中心に子育てに関する情報を発信します。関東在住。現在4歳女児・0歳男児の母。

【絵本】46年前の絵本『こっぷ』のレビューそして科学絵本の面白さ

幼児教育 絵本(4歳) 絵本(3歳) 絵本(4歳~) 読書記録 雑感

こんにちは。二児の母Shioemaです。

読み聞かせを行った絵本のレビューをメインにブログを更新しています。

 

今日ご紹介するのは、46年前に発行された写真科学絵本。

 

誰しもが手にしたことのある、身近なモノがテーマになっています。

ただのグラスと思いきや?子どもの世界が広がるかも!?科学絵本『こっぷ』

こっぷ

福音館書店公式サイトより】
 

コップは水をつかまえる。煙もつかまえるし、犯人もつかまえる。虹もつくれるし、歌も歌える。視点を変えると色々なことが見えてくる。1つのコップから世界が広がる写真絵本。(かがくのとも35号)

 

 

こっぷ について、考えたことがありますか?

 

こっぷ、コップ、a glass・・・・。

 

あまりにも身近過ぎて、全く意識せずに使っていますよね。

 

好奇心が旺盛な子どもであっても、

 

「これって何に使うもの?」

 

なーんて、疑問の余地もありません。

 

そんな”こっぷ”がテーマの写真絵本。

 

もはやこれは、こっぷの写真集というくらい。

 

文章も控えめ。

 

全26ページあるなかで、こっぷしか出てきません。

 

あとハエくらい。

 

あ、虫のハエのことです。こっぷの絵本にハエがでてきますよ。

 

 

 谷川俊太郎さんの、叙情的な文章で彩られた作品です。

 

身近なものから科学の世界へ誘う

【正規品】 BODUM ボダム CANTEEN ダブルウォールグラス 400ml (2個セット) 10110-10

私たちには当たり前であっても、子どもには「なぜ?」と思う事がたくさんあります。

 

たとえば、こんなシーン

 

・こっぷはのこぎりでは切れない

・でもダイヤモンドでなら切れる

 

まさか日常で、グラスを切断する機会はありません。

でも、絵本によってこうしたことを知れるのです。

 

 

子どもが興味を引いたのが裏表紙。

 

一輪の花がこっぷに挿してあるのですが。

 

f:id:mothersnote:20170201215614j:image 

 

当然、茎は屈折してズレて見えますよね。

 

 

でも、子どもはそんなことは知らない・・・。

 

「なんでゆがんでるの?」

 

 

食卓には一輪挿しが置いてあるのですが、彼女もまじまじと眺めたことはなかったのでしょう。この本で初めて、水の入ったグラスを通すと歪んで見えることを知るのです。

 

ちょっとお行儀は悪いですが、同じように水の入ったグラスにフォークやスプーンを挿して、同じように歪んでいることを確認しました。

 

肝心の

 

「なんで歪んでいるのか」

 

については、説明できませんでした。

 

「なんでかなぁ?お父さんが帰ってきたら聞いてみようね」とスルー。

 

情けない私・・・。

ちなみにお父さんも説明できていませんでした。

 

「今度おじいちゃんに聞いてみようか」と、パス。

 

夫婦で小学生からやり直したい。

 

科学絵本を読む機会が増えてきて思う事【雑感】

かがくのとも絵本セレクション(全20冊セット)

最近図書館に行くと、一冊は科学絵本を選んでしまいます。

親の押しつけなのかもしれませんが。。。

 

子どもはまだ4歳。

難しいお勉強をさせるよりも、「なんで」「どうして」や「おもしろい」「たのしい」を育んでやりたいと思っています。

 

一番大事だと思っているのは、子どもにいろんな経験をさせる機会を増やすこと。

でも、子どもに費やす時間やお金には限りがある。

なので、こうした絵本で補完しています。

 

 

何より、大人である私たちも知らないことがたくさんあるんですよね。

私たちの視野を広げてくれる科学絵本は面白いです。

 

まぁ、正直、お勉強はできてほしいですよ・・・。

自分が苦手だったので(特に理科と歴史)

 

絵本の読み聞かせで

 

学力がアップしてくれればマジ最高

 

 

 

ですが、そんなの計ることはできませんね。

 

 

 

 

最近になって思うのは

 

 

絵本の読み聞かせによって得るのは

 

 

勉強より大事なこと

 

 

だと思っています。

 

 

 

それが何なのか、私も全然見えてないんですけど。

 

おいおい!

 

 

うん、おいおいです。

 

でも、読み聞かせを始めてきて3年ほどで、

うーーーっすら見えてきたような気がします。

 

 

その時々で、読み聞かせの必要性や意味合いがきっと変わってくると思います。

柔軟に、ゆるく、楽しくやっていけたらと思います。

 

 

【読み聞かせノートより】

f:id:mothersnote:20170201215756j:image

 

 【Amazonはこちら】

こっぷ

こっぷ

 

楽天はこちら】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こっぷ [ 谷川俊太郎 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/2/1時点)


 

【科学絵本】こちらの絵本もおススメ!

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com