読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shioema手帳 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

目標100記事。自身の体験を中心に子育てに関する情報を発信します。関東在住。現在4歳女児・0歳男児の母。

【転倒・誤飲・転落防止】赤ちゃんのための安全なお部屋チェックポイント

妊娠  赤ちゃんとの生活

f:id:mothersnote:20160530002915j:plain

赤ちゃんが1日の多くの時間を過ごすお部屋。
 
安全で快適に過ごすには、どんな点に注意したらよいかまとめました。
 
妊娠中の方も、赤ちゃんとの生活に備えて今から準備しておくとよいですよ。
 
 

1)落下物・転倒防止

・転倒する恐れがある家具の近くは避ける
 
・壁に時計やカレンダーをはらない
 
・周囲に扇風機やストーブなど電化製品を置かない
 
・照明器具の真下に寝かさない
 
・メリーは足側に設置する

 

2)窒息・誤飲防止

・体が沈むようなやわらかい布団は使わない
 
・周囲にぬいぐるみやタオルを置かない
 
・赤ちゃんの近くに小さなものは置かない
(目安としてはピンポン玉より小さなもの)
 

3)転落防止

・ベビーベッドのストッパーや柵の閉め忘れに注意する
 
・ベビーラックやチェアのベルトは必ず閉める
 
・ソファなど高さのあるところに寝かせない
 

4)お母さんの転倒防止(抱っこ中の事故防止)

・床に物を置かない
 
・床にコード等を散らかさない
 

5)快適に過ごすために

f:id:mothersnote:20160530002947j:plain

・エアコンやヒーターの風が直接当たらない場所に寝かせる
 
・直射日光が当たる場所は避ける
 
・テレビから遠ざける 
 

私のヒヤリハット体験

「ヒヤリ・ハットとは、重大な災害事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見をいう。文字通り、「突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの」である」
 
「一件の重大なトラブル・災害の裏には、29件の軽微なミス、そして300件のヒヤリ・ハットがあるとされる」
 
 
 
 
私にも重大な事故にはならなかったものの、ヒヤリ・ハット体験がありました。
 
ひとつめは転落です。
 
新生児はあまり動かないので、ベビーラックのベルトをしなくてもいいか・・・と思っていたら大間違い。
 
泣いて暴れると、足をじたばた。
少しずつ下に下がっていくのです。
 
すこし目を離したら、ラックから落っこちていました。
 
15cmくらいの高さだったので、大事にはなりませんでしたが・・・。
かなりヒヤッとしました。
こんなに動くものなのかと。
 
 
また産後は一日中赤ちゃんを抱っこしている状態。
抱っこしながら掃除機をかけていたとき、コードにつまづいて転びかけました。
 
危うく赤ちゃんを下敷きにしてしまうところでした。
 
 
普段は何気なく生活している空間ですが、赤ちゃんにとっては危険がいっぱい。
 
 
一度あなたのお部屋も見直してみてはどうですか?