読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shioema手帳 ~妊娠・出産・育児の体験談やおすすめ絵本のご紹介~

目標100記事。自身の体験を中心に子育てに関する情報を発信します。関東在住。現在4歳女児・0歳男児の母。

かわいい?おばけが出てくるおススメ絵本5冊(0歳~6歳)

レビュー 読書 絵本(1歳) 絵本(2歳) 絵本(3歳) 絵本(4歳~)


残暑を少しでも涼しく過ごすために、Shioemaが選ぶ!おススメおばけ絵本を5冊ご紹介します。


といっても、カワイイおばけばかり?



 おススメ年齢の低いもの順にどうぞ。

ねないこだれだ(せな けいこ) 0歳~

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

作・絵せなけいこ

出版社: 福音館書店

発行日: 1969年11月

おすすめ年齢:0歳、1歳、2歳

 

夜遅くまで起きていると、表紙にも書かれている「お化け」が子どもをさらいにきて、空の彼方まで連れて飛んで行ってしまう。

絵はすべて「ちぎり絵」で表現され、それが独特のタッチをかもし出している。少々怖い結末で終わる話だが、絵柄の妙ともあいまって不思議な読後感を植えつけられる作品である。

夜遅くまで起きている子どもを寝かしつけるための「しつけのための本」と位置付けられやすい絵本であるが、作者自身は2016年に刊行された自著 で、しつけのために書いた本ではない、「怖いけど、かわいい」「息子が友達になれるおばけを、描いてみよう」という気持ちだったと明かしている。

https://ja.wikipedia.org

 

本日ご紹介する作品の中で、最も低年齢向けで、最も怖いヤツです(笑)。

おばけの絵本といえば、せなけいこさんの”ねないこだれだ”。2015年には累計売上が268万部を超え、おばけ絵本の頂点に達した大ベストセラー。確実に書店にありますから、ぜひご覧ください。

まさかまさかの結末に、子どもも大人もドキッ。

ちなみに、せなけいこさんが最近出版した最初で最後の自伝といわれているのがこちら。

ねないこはわたし

ねないこはわたし

 

 せなけいこ作品が随所にちりばめられている、カラフルでおしゃれな自伝(エッセー?)。ちぎり絵=芸術だなと思い知らされます。何度見ても飽きない、ファン必読の一冊です♪

おばけのアイスクリームやさん(安西水丸)0歳~

おばけのアイスクリームやさん

 

作・絵:安西水丸

出版社: 教育画劇

発行日: 2006年月

おすすめ年齢:0歳、1歳、2歳

おばけのぼんちゃんはもりでアイスクリームやさんをしています。ねこちゃんに会ったら「ねこちゃんアイス」、うさぎちゃん に会ったら「うさぎちゃんアイス」、ふたごのはとさんにあったら「ふたごちゃんアイス」。もちろんみんな大喜び。おばけとアイスクリームの組合せってなか なか思いつかないけど、考えてみたら季節も夏だし、よーく冷えてそうだし・・・ぴったりの職業かも。どんな形も自由自在だしね。
(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net

 

安西水丸さんといえば、こちらが最も有名な作品ではないでしょうか。

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

 

 おばけ(ぼんちゃん)のアイスクリームやさんを読んだ感想は「ゆる~~い」。なんとも緊張感のないふんわりした作品です。たぶん、このおばけが売っているアイスはやや溶けかけてるでしょう笑。

がたんごとんがたんごとん同様に、単純な繰り返しでお話が進みます。動物もたくさん出てきますよ。

ぼんちゃんのぬいぐるみとかがあったらほしいなぁ。

おばけのドラゴンたいじ(ジャック・デュケノワ)2歳~

おばけのドラゴンたいじ

作・絵:ジャック・デュケノワ

訳  :おおさわあきら

出版社: ほるぷ出版

発行日: 2006年月

おすすめ年齢:2歳、3歳、4歳

地下室の水もれのせいで、眠っていたドラゴンが目をさましちゃった! ねえねえ、パコーム、どうするの? 銀色の箔が使われた、プレゼントにもぴったりの絵本。

http://www.holp-pub.co.jp/books/50504/

フランス人作家ジャック・デュケノワによるおばけシリーズより。第一作品目の『おばけパーティ』は世界17カ国で愛されるロングセラー。アニメーションにもなるほどの人気だそうです。そのなかでも、比較的低年齢のお子さんにも読みやすいのが、『おばけのドラゴンたいじ』。

f:id:mothersnote:20160830002750j:imagef:id:mothersnote:20160830002754j:image

おばけが一生懸命になり鎧を着る姿と、それを覗いてい見ているドラゴンの顔面がシュールです。


鎧の部分に銀紙が貼られキラキラしているので、触ったりの字たりして楽しむのも◎。

 

おばけのてんぷら(せなけいこ

おばけのてんぷら (絵本のひろば 29)

うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできました。さあ、たいへん!

https://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=30900290

作・絵:せなけいこ

出版社: ポプラ社

発行日: 1976年11月

おすすめ年齢:3歳、4歳、5歳

f:id:mothersnote:20160829231550p:plain

怖いはずのおばけなのに、ド天然(?)のうさぎに相手にされないところが良いです。3~5歳ごろの子どもにぴったりの、ユーモアがあり楽しい絵本です。オチもしっかりありますよ!

レンタルおばけのレストラン(宮本えつよし・スギヤマカナヨ)

レンタルおばけのレストラン

おばけたちが、自分たちの能力や特徴を生かし、人間たちのお役にたちたいとレンタルおばけのお仕事を始めました。最初のお仕事は、つぶれかけたファミリーレストランを立て直すこと。

あかなめやいったんもめんが綺麗にテーブルをふいて、きゅうびのきつねが自慢のしっぽで店中をはき、あずきあらいはおこめとぎ、油澄ましは揚げもの係。かっぱがお皿を洗って、お菊さんがお皿を数え、かまいたちがやさいを切る……。

楽しいおばけレストランの出現に、行列の大人気!


でもなんでおばけたちが急にお仕事を始めたのかというと……???

http://www.kyouikugageki.co.jp/

 

作・絵:宮本えつよし・スギヤマカナヨ

出版社: 教育画劇

発行日: 2014年6月

おすすめ年齢:4歳、5歳、6歳

アマゾンのレビューはたった2件と少なく残念・・・。確かにほかの作品よりもマイナーかもしれませんが、非常におすすめです。コミカルな絵や、おばけが捜索したメニュー表など、子どもが興味を持つであろうがたくさんあり、うちの子(4歳)はことごとくはまっていましたね、参りました。といわざるを得ません。

日本の妖怪がたくさん登場します。妖怪好きにはもってこいな一冊。ちなみに本の内容は全く怖くありません。お世話になった和尚さんに恩返しを・・・と普段恐れられているおばけたちが、人間の役に立とうと奮闘します。何気にちょっといい話かも?

 

【後記】おばけ絵本の魅力

おばけをテーマにした絵本って、とても多いんです。絵本ナビで試しに検索してみますと、238件もHIT!

f:id:mothersnote:20160829231617p:plain

国内外問わず、おばけを扱う絵本は人気です。子どもはおばけが怖いはずなのになぜ??色々理由はあるでしょうが、本日記事を書いていて思ったことは、「どの おばけもほぼ見た目一緒」です。だいたい白くてほそながくて、目が二つ。白いほわほわしたものって、とりあえずカワイイよな、と。子どもも親しみやすいですよ ね。そして、おばけ=ミステリアスな存在だから何をしても違和感がない。つまり自由に描けるってことも大きいかもしれません。怖いおばけもいていいし、 アイスを売ってもいい。見た目は一緒だけれど、絵本によって個性が全く違うんです。この作品のおばけはどんなのだろう?そんな視点で読むのもおばけ絵本の楽しみ方かもしれません。

本日ご紹介した絵本【Amazon】

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

 
おばけのアイスクリームやさん

おばけのアイスクリームやさん

 
おばけのドラゴンたいじ

おばけのドラゴンたいじ

 
おばけのてんぷら (絵本のひろば 29)

おばけのてんぷら (絵本のひろば 29)

 
レンタルおばけのレストラン

レンタルおばけのレストラン

 

 【関連記事】 

 

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

 

 

 

 

 

妊娠中から読みたい、母性が芽生えるももんちゃん絵本!おススメ5作品紹介するよっ

体験談 出産祝い 妊娠  絵本 絵本(1歳) 絵本(2歳) 絵本(3歳) 赤ちゃんとの生活
 

ももんちゃん あそぼう既17冊

これから子育てをされる方にぜひおすすめなのが絵本”ももんちゃんシリーズ”。シリーズ第一作目は、2001年に出版された『どんどこももんちゃん』。以来、2016年3月までに計20作品が生まれています。

あまりにも有名な作品なのですが、シリーズ第一作品”どんどこももんちゃん”が2001年出版なので、比較的新しい絵本。

20代、30代の親世代が子供だった頃にはまだ存在していませんから、お子さんが産まれるまで読んだことがないという方も多いのでは。

私も妊娠するまで知りませんでした。

自分の子どものころに読んだ、などのなじみがないと、手に取りにくい、という人もいるでしょう。

けれどももんちゃんシリーズは、本当におススメ!押し付け気味にでもすすめたい!


必ず書店に置いてありますから、ぜひ一度ご覧になってください。

出産祝いやお子さんのお誕生日プレゼントにも喜ばれること間違いありません! 



ももんちゃんとは

作者は絵本作家のとよたかずひこさんです。

f:id:mothersnote:20160828011403j:plain

1947年宮城県生まれ。早 稲田大学第一文学科卒業。主な作品に『でんしゃにのって』などの「うららちゃんののりものえほん」シリーズ全3巻、『バルボン さんのおでかけ』などの「ワニのバルボンさん」シリーズ全5巻、『ブップーバス』などの「あかちゃんのりものえほん」シリーズ全4巻(以上アリス館)、 『やまのおふろ』などの「ぽかぽかおふろ」シリーズ(ひさかたチャイルド)、『どんどこももんちゃん』[第7回日本絵本大賞]などの「ももんちゃんあそぼ う」シリーズ、『おにぎりさんがね・・』などの「おいしいともだち」シリーズ(以上童心社)がある。紙芝居作品に『でんしゃがくるよ』『もみもみおいしゃ さん』(以上童心社)などがある。

http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=120

 

ももんちゃんはね。桃太郎のイメージがあったんです。主人公は男の子のつもりで描いているんです。『どんどこももんちゃん』の中で、くまさんを倒 すという場面も最初は桃太郎のイメージがあって。あかちゃんがくまを倒す、力強いですよね。そんな「スーパーあかちゃん」というキャラクターは後からつい てきて。確かに「うちの子にそっくり」という声は多いんですよ。どちらかというと、女の子の方が多い。だから、あんまり男、男って言うのはやめたんです。

 

絵本ナビ とよたかずひこさん インタビューより

http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=120

 

ももんちゃんはももの形をした赤ちゃん。常におむつをはいています。あかちゃんだけれど、くまを倒したり、野原でひとり昼寝をしていたり。なんかスゴイ!

でも、お母さんが大好きなところとか、ちょっとしたことで泣いてしまうところとか。そこは、赤ちゃんらしい赤ちゃんなんですよね。よしよししてあげたくなる、とってもかわいいあかちゃんなのです。

 

助産師も、先輩ママもおススメしていたももんちゃん絵本

私が作品を手にしたきっかけは、出産した病院の助産 師さんがイチオシしていたから。 おひとり、非常に絵本が大好きな方がいました。私が積極的に絵本を読む世になったのもその方との出会いが大きく影響しています。その助産師さんのおすすめ 絵本リストが、クリニックの掲示コーナーに紹介されていたんですね。(結構アットホームな雰囲気のクリニックでした)その中にあったのが『どんどこももん ちゃん』。ほかの先輩ママ方も、これはいいよ~とおすすめしてくれたこともありさっそく読みました。


結末に胸がきゅーんとしましたね。まだ見ぬ赤ちゃんに早く読んであげたい!そんな気持ちになりました。以来、ももんちゃんをこよなく愛しています。もちろん 子どもたちも大好きです♪

ももんちゃんが好きな理由、なぜおすすめなのか。

ももんちゃん=自分の子ども と重なって見える

かくれんぼももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

ももんちゃんは、うちの子の1~2歳頃によく似ています。他のお母さんもきっとそうお感じではないでしょうか。喜怒哀楽を素直に表現してくれるところや、泣くのをちょっとだけ我慢するんだけど、こらえきれず大泣きするところも似ています。だから、ももんちゃんが泣いていると悲しいし、笑っているとうれしい。まるで自分の子どもを見ている様です。ももんちゃんの本を開くと、優しい気持ちになります。ついついイライラしがちな自分ですが、自分の母性が取り戻せる気がします(笑)

読んでいて楽しい語感とリズム

「ももんちゃん」シリーズというと、本当にお母さんたちの人気がすごく高いという印象があります。その理由の一つとして、実際に声に出して読んでみるとよ くわかるのですが、何回繰り返して読んでも楽しいというのが大きくあるように思うのです。子どもというのは、繰り返し繰り返し「よんで!」という事が多い のですが、これが意外と大変。でも「ももんちゃん」シリーズは、テンポや間の良さだとか、「どんっ」「のっしのっし」「ぽっぽー」などなど繰り返しの言葉 の面白さだとかがあって、読んでいてとても気持ちがいいし、飽きないというのもあって。そういう意味でお母さんたちも読んでいるうちに、どんどんこのシ リーズにはまっていくのかもしれません。

http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=120

とよたかずひこ作品全般に言えることですが、文章がリズミカルで楽しいのです。

「どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ ももんちゃんがいそいでいます。」

「まてまて、まてまて、ももんちゃん」

などなど。声に出して読むと、読み手も聞き手もなんだか楽しい。単純でわかりやすい言葉の繰り返しなので、子どもも覚えやすいのが良いですね。擬音語がたくさん登場するので、よりゆたかな表現力を習得するのにも役立ちます。

 

子どもの中に幼い母性が芽生える

f:id:mothersnote:20160828014023j:plain

ももんちゃんの一生懸命でけなげな姿。わたしだけではなく子どもも温かいまなざしで見守っていました。

母性=母親特有のもの ではありません。2~3歳ごろのお子さんでも”幼い母性”を育むことが可能です。要するに自分より小さな子を守りたい、可愛がりたいという気持ちのことですね。幼い母性が芽生えていると、心の優しい、思いやりのあるお子さんになることでしょう。ももんちゃんは、そうした子どもの心を育む絵本といえるのではないでしょうか。

 

ももんちゃんは存在してる

あ、怖い話でもないです。やばい話でもないです。

何とも表現しにくい・・・自分の表現力の低さを悔やみます。

なんといいますか・・・

最初見たときは(物語を読む前)もものゆるキャラくらいにしか思っていませんでした。ですが、作品を読んで以来、絵本のももんちゃんに命があるように思えてくるのです。架空の世界の架空の物語ではなく、どこかにいるであろう”ももんちゃん”のワンシーンが、とよた先生によって絵本で紹介されているんだなという感じがしています。

それは、やっぱりももんちゃん=自分の子と重ねているからなのか、ももんちゃんの読み聞かせが日常生活の一部になっているからなのかわかりません。どちらにせよ、ももんちゃんそのものが活き活きとしていて生命を感じさせる存在だからだと思います。

 

母性本能を育む!おススメももんちゃんシリーズ5作品

ここからは独断と偏見で、ももんちゃんシリーズの中から、「母性本能をくすぐる5作品」をご紹介!私たち親子の”ももんちゃん愛”を感じていただければ幸いです。

 

 

『どんどこももんちゃん』

どんどこ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

(↑画像クリックするとAmazonの商品紹介にリンクします)

 

f:id:mothersnote:20160828012450j:plain

http://www.ehonnavi.net/

おむつ姿のももんちゃん。どんどこどんどこ どこへ行く?危機を乗り越え向かった先は・・・ 細かい説明は致しませぬ。まずはこれを読んでみてください

妊婦さんであれば、早くこの絵本を子どもに読んであげたくなるでしょう!転んだり泣いたり困難に立ち向かったりするももんちゃん。読んでいるうちに、もう気持ちはすっかりお母さん。もしイマイチであれば、お子さんが1歳すぎたあたりから一緒に読んでみてください。胸がきゅんとなり、目の前の子どもを抱きしめたくなるでしょう!ラストのシーンは、お子さんも一緒に「とん」と飛びつかせてあげてくださいね。

余談ですが4歳の子どもはこの本をぽぽちゃんに読んであげて、最後に自分に飛びつかせていました。すっかり、ぽぽちゃんのママです。 

『すりすりももんちゃん』

すりすり ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

(↑画像クリックするとAmazonの商品紹介にリンクします)

f:id:mothersnote:20160828012512j:plain

http://www.ehonnavi.net/

子どもへの愛情表現のひとつが、頬を寄せ合う”すりすり”のスキンシップ。きんぎょさん、ひよこさんたちと、楽しくすりすり。しかしトゲのあるサボテンさんとすりすりすると「いたっ」。

涙を我慢しておかあさんのもとへ走る姿にこちらもウルウル・・・。

よしよししてあげなきゃ!とこちらの母性本能が全開です。「ごめんなさい」をテーマにした作品ともいえるかもしれませんね。 

『ももんちゃんえーんえーん』

ももんちゃん えーんえーん (ももんちゃん あそぼう)

(↑画像クリックするとAmazonの商品紹介にリンクします)

f:id:mothersnote:20160828012524j:plain

http://www.ehonnavi.net/

 

タイトルの通り、「泣く」そして「いいこいいこ(あたまなでなで)」を題材にした作品で す。ももんちゃんがお昼寝をしていると、ひよこさん、ひつじさんが泣きながらやってきます。最初は「いいこいいこ」とあやしていたけれど、どうにも泣き止 まず。ももんちゃんもついに「えーんえーん」。

f:id:mothersnote:20160828013130j:plain

(こんな感じでした↑)
初めての子育てで、つらかったのが夜泣き。大泣きされると自分も一緒に泣いてしまうこともしばしば。ももんちゃんに当時の自分を重ねてしまいました。おもいだすとうるうるしてしまう・・・。
 

『ももんちゃんし~』

ももんちゃん し〜 (ももんちゃん あそぼう)

(↑画像クリックするとAmazonの商品紹介にリンクします)

f:id:mothersnote:20160828012540j:plain

http://www.ehonnavi.net/

ねこさんやいぬさん、にわとりさんがにぎやかにおさんぽしています。するとももんちゃんがでてきて「し~」なぜならそこにはお昼寝中のおともだちが・・・。

 静かにしようの「し~」のポーズを題材に、ももんちゃんの優しさを感じられる作品。すやすや眠っているおともだちをそっと見守る、大人びたももんちゃんをみることができます。

f:id:mothersnote:20160828013127j:plain

(昼寝を見守るももんちゃん)

3歳くらいになると、子どもも赤ちゃんに対して少しだけ、お兄さんorお姉さんになって接しますよね。まさにそんな感じです。心優しいももんちゃんにほっこりします。 

 

『なでなでももんちゃん』

f:id:mothersnote:20160828012557j:plain

「きんぎょさんとおばけさん おなかいたいんだって」「ねえ きんぎょさんとおばけさんのおな か なでなでしてくれる?」おなかが痛いときにお母さんがなでなでする仕草を表現した作品。おなかが痛くてしくしくしているももんちゃん。

f:id:mothersnote:20160828013137j:plain

「ももんちゃん かわいそう~」と娘も悲しげ・・・。
一生懸命なでなでして元気になった姿に母娘で「ホッ」としました。2016年3月出版と、現時点では最新作です。
 
 
 
 

他にもたくさん作品がありますが、母性をテーマにした5作品をご紹介しました。ぜひ書店や本屋さんでご覧になってはいかがでしょうか。 

 

まとめ

多くの親子に愛されているももんちゃんシリーズ。2001年~2016年3月までに計20作品が出版されています。愛らしくけなげなももんちゃんは、きっとあなたのお子さんにもそっくりなはず!お子さんだけではなく、お母さんにとってもおススメです。ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

 作品へのリンク【Amazon】

どんどこ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

すりすり ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

ももんちゃん えーんえーん (ももんちゃん あそぼう)

ももんちゃん し〜 (ももんちゃん あそぼう)

なでなで ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

 

 

【こちらの記事もどうぞ】

momnote.hatenablog.com

 

 

 

産後に母乳が出ないストレスは、粉ミルクが解消してくれた【体験談】

育児 出産 体験談 母乳

完全母乳育児が5割を超えました。混合母乳育児と合わせると約九割のお母さんが、母乳で子育てをしています。
momnote.hatenablog.com

私はずっと母乳育児に憧れがありました。 特に

授乳=母親にしかできない尊い事 

そんなイメージがあったからだと思います。母乳が出ずミルクを足すというのは、自分の存在価値を粉ミルクに奪われるような気持ちになりました。今思えば笑ってしまうような話ですが。 

 

本日は、出産後の授乳についての体験をどうぞ。 

授乳ってこんなに幸せなことなの!?

f:id:mothersnote:20160826231733j:plain

 

出産翌日から、本格的な授乳がスタートしました。

分娩台で抱っこしてから、丸一日。両腕を持て余すほど小さく、くにゃくにゃしている我が子。まだおなかの中にいるような感覚なのか、ボーっとしています。でも、ひとたび授乳をさせると吸う力は一人前。目も良く見えていないのに、口でお乳を探し当てる。誰に教わるでもない、まさに本能なんだなと感心しました。一生懸命飲んているかと思うと、気づいたらすやすや眠っている。時々口をパクパクさせたり、乳児微笑をしたり。どんだけ見ていても飽きません。

わたしはこの上ない喜びに満ち溢れていました。

出産してすぐは、感動と疲労とでハイな状態でしたが、出産翌日はそれも落ち着いていて、純粋な気持ちで幸せを感じていました。授乳タイムが待ち遠しくて待ち遠しくて仕方がありませんでした。

 

しかし・・・お乳が出ない、痛い、眠れない!泣きたくなる。

幸せな授乳タイムは、同時に苦しみの時間でもありました。お乳が出ないのです!妊娠中からマッサージをしていて、乳汁が少しだけでていました。だから、少し自信があったのです。けれども、全然足りない。乳首が切れそうなのを我慢し、耐えること20分。でも飲んだ量は2gとか。(必要量は40g)ミルクを足すのが悲しくて、自分が情けなくなりました。

出なくても普通なのですが、産後直ぐということもあり、情緒不安定だったのかもしれ ません。産後3日間はそんな状況が続きました。母子同室になってからは母乳が足りず1時間おきに泣いてくる赤ちゃん。私も一緒に泣きたくなりました。一生懸命飲ませても10gとか。けれどそれもげっぷと同時に吐いてしまったり。こんなことでやっていけるのだろうか・・・。不安で眠れず、マタニティブルー状態でした。 

粉ミルク、あの時は助けてくれてありがとう。

そ んなことから、ストレスを感じて眠れず、さらにお乳の出が悪くなるという負の連鎖に。で、そんな状況を脱したのが”粉ミルク”。完全母乳で頑張 ろう、粉ミルクになるべく頼らまいとしていました。それは理想です。

現実には、おなかが空いて泣いている赤ちゃんと、お乳が出ない母親。

母親としてすべきはミルクをあげることなのです。

母乳育児にこだわりすぎる、それは私と赤ちゃんに負担を増やすだけでした。粉ミルクは本当にすばらしいものです。ミルクを しっかり飲ませてお乳を休ませる。次に泣いたら母乳をしっかり飲ませる。足りなければ、ミルクを足す。これで別にいいんです。出ないお乳を含ませているほうが、赤ちゃんもかわいそうなのだと、割り切ることで気持ちも体も楽になりました。

 母乳がいつから足りるようになったか

母乳の生産がだんだん 追いついてきて、退院後1週間で憧れの完全母乳になりました。(その後事情があり、混合になりましたが)

完全母乳になる前は、一日2~3回くらいミルクを足していました。助産師に聞きましたが、母乳は消化が良いので規定量を飲んでもすぐにおなかが空いてしまいます。一方ミルクは、おなかにたまる。というわけで、しっかり眠りたい夜はミルクを飲ませていました。すると、赤ちゃんが泣くころには、母乳がしっかり作られています。

 

 粉ミルクは母乳と変わらない!お父さんでもできる点がGOOD。

粉ミルクにも母乳と同じく栄養が豊富に含まれています。赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら見つめてあげていれば、母乳とほとんど変わりません。しっかり飲んで眠って、うんちが出て体重が増えていればそれで十分です。

母乳と違い、 飲んだ量がよくわかるのも良いですね。 

粉ミルク最大のメリット!お父さんでもできるところ

ミルクをのんでいる赤ちゃん。真上から見ていると本当にかわいいです。無我夢中でほおばる姿に、誰もが笑顔になれるんです。母乳オンリーだと、この体験をお父さんにさせてあげれないんですよね。それもちょっと寂しいかな。”与える”という行為はスキンシップにもなりますし、愛情を感じる行為だと思うのです。

ミルクをつくってあげる、げっぷをさせる、たとえ一日に一回でもお父さんにやってもらいたい。どうしてもお母さんに集中しがちな子育て。粉ミルクは父子のコミュニケーションに一役かってくれるかもしれません。 

 

まとめ

母乳育児は良いことだらけで素晴らしい!でも、お乳が出ないことだってありますよね。そんな時には無理せず粉ミルクを頼りましょう。使って分かったのですが、粉ミルクにもメリットはたくさんあります。特に、日中一緒にいられないお父さんや他のご家族には、優先的にミルクをあげてもらいたいです。  

 

 

【関連記事】

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com

momnote.hatenablog.com